✔ 応答を求める発話 (ja/neinの答えを求める疑問文,問い返しなど) では,文末を上げます。

✔ 相手との距離を縮める接触志向のイントネーションです。補足を要求する発話 (疑問詞のある疑問文) でも,親しみを込めて言うときや丁寧に問いかけたいときには上昇調にしましょう。

✔ 文末のアクセント母音でいったん低く下げてから一気に上げると,メリハリが付いてイントネーションが明瞭になります。

リズムを取りながら発音しましょう。

(1)

この人がThomasですか?

(2)

その男の人を知ってる?

(3)

君来るの?

(4)

そうなの?

(5)

あなたは教師ですか?    いいえ,私は学生です。

(6)

お茶をください。    え,何ですか?

(7)

彼は,来るけれど本当はそんな気分じゃない,と言った。

(8)

私は彼に電話するのを忘れた。