[saː] [a] [saː]

[saː] [a] [saː]

→ 舌先を上前歯の歯茎に近づけ,その隙間から強く息を出して発音します。外来語を除き,通常語頭には現れません。文字sは,語末および子音の前で[s] を表します。文字ss/ßは,母音の後や前で [s] を表します(活用語尾など語構成によってss/ßに子音が続くこともあります)。ssとßでは規則的な書き分けがあり,短母音の後ではss,長母音や二重母音の後ではßと表記します。

[zaː] [a] [zaː]

[zaː] [a] [zaː]

→ 舌先を上前歯の歯茎に近づけ,その隙間から声を出して発音します。後に母音 [iː][ɪ] が続くとき,日本語の「ジ[ʑi]」にならないように気をつけましょう。日本語では上あごのやや中央寄りに前舌が盛り上がりますが,ドイツ語では舌先を歯の付け根に近づけて発音します。

[ʃaː] [a] [ʃaː]

[ʃaː] [a] [ʃaː]

→ 舌の前 (舌先よりやや後ろ) の部分を歯茎に近づけ,その隙間から強く息を出して発音します。その際,唇をラッパの形にして突き出します。後に母音 [iː][ɪ] が続くとき,日本語の「シ[ɕi]」にならないように気をつけましょう。日本語では上あごのやや中央寄りに前舌が盛り上がりますが,ドイツ語では舌先を歯の付け根に近づけて発音します。