詩では,詩行全体のリズム・パターン (韻律) を意識して発音しましょう。ドイツ語では,アクセントとスピードがセットになった 「弱強・弱強…」,「強弱・強弱…」,「強弱弱・強弱弱…」 などのリズム・パターンがあります。また脚韻や頭韻では,意味や品詞など語としては関係のない言葉どうしが詩の中で結び付けられ,新鮮な響きやリズムを生み出します。物語などでも同じ語,同種の語の繰り返しなど言葉遊び的要素がある場合,その部分を意識して速度や音量を操作すると,楽しいリズムが生まれます。

(1)

Oliver

Anneke

(2)

Oliver

Anneke

(3)

Oliver

Anneke

(4)


Oliver

Anneke

(5)


Oliver

Anneke